• E1第一次渾作戦
 第一次渾作戦は連合艦隊で出撃します。
 この海域はボスを4回相当撃沈すればクリアとなります。索敵次第で逸れることがあるようですが、それほど高い数字は求められないようなので普通の装備ならばまず逸れることはないでしょう。
 最初の海域なのでそれほど難しくはありません。楽にクリアできるはずです。 
 渾作戦e1

 第一艦隊に軽巡を入れ戦艦2隻以下で正規空母のいない艦隊ならば道中2戦のオレンジ矢印ルート、他の編成で任務部隊郡のマスを通りボスへ向かいます。
 任務部隊B郡以外では敵に空母はいないので黄色矢印ルートを通る編成でなければ航巡や航戦で制空権を確保し、弾着修正射撃が可能です。連合艦隊ではともかく攻撃が当たらないので、弾着修正射撃のカットインの命中補正に期待し、第一艦隊の戦艦や重巡の装備を主砲/副砲/電探/偵察や主砲/副砲/徹甲弾/偵察としてもよいかもしれません。
 特にボス艦隊の重巡ネ級や戦艦がしぶとく連合艦隊であっても編成次第では夜戦までもつれ込みます。探照灯や夜間偵察機があるとよいかもしれません。

 ・攻略時の編成
第一艦隊
 伊勢改 35.6cm連装砲/35.6cm連装砲/艦隊司令部施設/瑞雲
 日向改 35.6cm連装砲/15.5cm三連装副砲/91式徹甲弾/水偵
 古鷹改 20.3cm連装砲×2/15.5cm三連装副砲/水偵
 青葉改 20.3cm連装砲×2/15.5cm三連装副砲/水偵
 羽黒改 20.3cm連装砲×2/15.5cm三連装副砲/水偵
 球磨改 20.3cm連装砲×2/水偵
第二艦隊
 能代改 20.3cm連装砲×2/探照灯
 夕雲改 10cm連装高角砲×2/33号電探
 巻雲 10cm連装高角砲×2/33号電探
 長波 10cm連装高角砲×2/33号電探
 早霜 10cm連装高角砲×2/33号電探
 清霜 10cm連装高角砲×2/照明弾
 
 陣形は全て第四
 平均レベル70程 出撃回数4回 消費資源各1500以下バケツ6





  •  E2第二次渾作戦攻略
 第二次渾作戦では水雷戦隊で出撃し、ボスを5回相当撃沈すればクリアとなり報賞に秋月を貰えます。
 この海域も索敵次第でそれることがあるようです。
渾作戦e2


 軽巡2以下他駆逐艦で編成した艦隊ならば図のオレンジ矢印ルート、史実通りに駆逐艦のみでいくとD→F→Hと通って史実通りに警戒任務部隊から空襲を受けることになります。
 軽巡が1隻ならば重巡戦隊方面へ行くことはなくなり道中が2戦で済む確率が少し上がります。ただ駆逐艦に配備する電探が足りないと索敵不足で逸れることがあるので、装備が足りないならば軽巡2隻にして水偵などを装備させてもいいかもしれません。
 警戒部隊は夜戦とはいえ凶悪なカットイン攻撃をしてくる敵はいないので通るのは簡単です。
 どのような編成でいくにせよ、砲撃戦のうちに敵を殲滅するのはまず不可能なので敵の雷撃をうけしばしば大破します。なるべく危険を減らすために道中支援艦隊を使ってもよいかもしれません。
 ボス艦隊に戦艦はおらず駆逐棲姫は非常に硬く回避も高いので砲撃戦が一巡で終わる関係上、敵を多数残したまま夜戦をすることになります。昼間の敵を減らしておくために決戦支援艦隊はかならず出しましょう。時雨や雪風など運の高い艦を夜戦カットイン装備にして艦隊の後列におくのもオススメです。
 道中支援艦隊は軽巡以下の敵を沈められれば良いので単縦陣反航戦でヘ級eliteを沈められる火力130程、決戦支援はハ級後期型を沈められる110程あれば十分です。この海域では支援艦隊にそれほど重い編成はいりません。

 ・攻略時の編成
 攻略部隊
球磨改 20.3cm連装砲×2/探照灯
夕雲改 10cm連装高角砲×2/33号電探
巻雲改 10cm連装高角砲×2/33号電探
長波改 10cm連装高角砲×2/33号電探
清霜改 10cm連装高角砲×2/照明弾
能代 20.3cm連装砲×2/32号電探
 
 道中支援艦隊
駆逐艦 10cm連装高角砲×2/33号電探
駆逐艦 10cm連装高角砲×2/33号電探
軽空母 彗星甲×3/32号電探
軽空母 彗星甲×3/32号電探
航戦 35.6cm連装砲×3/32号電探
航戦 35.6cm連装砲×3/32号電探

 決戦支援艦隊
駆逐艦 10cm連装高角砲×2/33号電探
駆逐艦 10cm連装高角砲×2/33号電探
軽空母 彗星甲×2/32号電探×2
軽空母 彗星甲×2/32号電探×2
航巡 20.3cm連装砲×3/熟練艦載機整備員
航巡 20.3cm連装砲×3/熟練艦載機整備員

 陣形は潜水艦警戒線のみ単横、他は全て単縦
 平均レベル80程 出撃回数6回撤退1ボス撃破回数5回
 消費資源 油2000弾3000鉄300 バケツ12


 駆逐棲姫