「水上打撃部隊」南方へ!低速戦艦3隻と軽巡1隻を含む艦隊で南方海域全面ボスをS勝利すれば達成となり改修資材が貰えます。
 残り2枠は自由ですが南方海域の羅針盤は重巡ないし航巡2隻の艦隊でボス到達率75%程、そうでない艦隊は20%程なので、重巡ないし航巡でほぼ決まりです。

5-1


 空母無しで行くことになるので敵に制空権を取られると弾着修正射撃を受けることになります。航空戦艦や利根型改二などの搭載数の多い枠に初戦なら瑞雲4スロット相当で航空拮抗に6スロット相当で航空優勢に、瑞雲12型ならば3スロットで航空拮抗に4スロットで航空優勢にできます。
 敵前衛哨戒艦隊と敵水上打撃部隊とボスの敵前線指令艦隊では制空能力にあまり差がありませんが、瑞雲は水上爆撃機なので敵の対空砲火で損耗し、瑞雲4スロットでは1戦目で航空拮抗にできても2戦目以降ではまず航空拮抗はとれません。
 ボスでも航空拮抗にすることを考えると瑞雲で6-8スロット、航空優勢なら9-12スロットは必要になります。瑞雲搭載艦を増やしすぎると敵潜水艦を攻撃してまい水上艦への打撃力が低下しS勝利できないこともありえます。瑞雲12型が複数なければ制空権は諦めてしまってもいいかもしれません。

 ボスでは1/3の確率で潜水艦カ級flagship入りの編成が出現します。軽巡に三式水中探信儀2個と三式爆雷投射機を装備させておけば複縦陣でも同航戦ならほぼ確実に撃沈できますが、反航戦の場合取り逃す場合があります。
 装備枠が4スロットある夕張や大淀ならよほど乱数が悪い方向へ向かない限りは瑞雲搭載艦の攻撃も含めて、複縦陣反航戦でもカ級flagshipを撃沈できるはずです。
 →対潜のススメ

 被害が大きいようなら道中支援と艦隊決戦支援を使いましょう


・編成例
夕張 三式水中探信儀×3/三式爆雷投射機
低速戦艦 46cm砲×2/徹甲弾/32号電探
低速戦艦 46cm砲×2/徹甲弾/32号電探
重巡 20.3cm砲×2/32号電探/探照灯
重巡 20.3cm砲/15.5cm三連装副砲×2/32号電探
航空戦艦 瑞雲×4