任務「潜水艦隊」出撃せよ!は6-1中部海域哨戒線でボス艦隊に3回S勝利すると達成となり、給糧艦が1個貰えます。
 課金アイテムが貰えるとはいえ面倒な任務ですが、同海域はボスS勝利ならそこそこの確率でまるゆが出るようなので回ってみるもいいかもしれません。
 同海域の基本的な攻略解説は6-1中部海域哨戒線攻略でしているのでこちらも参考にしてください。

6-1



◎中部海域哨戒線ボスS勝利に向けて
 当海域のボスの最強の編成(おそらく艦隊司令部レベル次第で固定)は空母ヲ級flagship(新型機搭載)、重巡リ級flagship、軽巡ツ級elite×2、駆逐ニ級後期型×2となっています。
 このうち弾薬量補正のかかる4戦目の単縦陣同航戦でこちらの潜水艦の雷撃で一撃で沈められるのは駆逐ニ級後期型のみ、重巡リ級flagshipと軽巡ツ級eliteを沈めるには2-3回は攻撃する必要があり、空母ヲ級flagshipを沈めるには3-4回は攻撃する必要があります。反航戦では駆逐ニ級後期型すら一撃で沈められないことがあります。
 北ルート編成で道中に中破したり反航戦を引く可能性と、火力と夜戦での命中率とカットイン率の低さを考えるとボスでS勝利できる可能性はかなり低いといえます。
 
・4戦目の場合
艦名耐久装甲確殺必要攻撃力撃沈期待攻撃力 撃沈必要最低火力中破期待攻撃力
軽巡ツ級elite6668174152129110
重巡リ級flagship7670189165143118
空母ヲ級flagship(新型機搭載型)9680228200174140
駆逐ニ級後期型403395847359

・3戦目の場合
艦名耐久装甲確殺必要攻撃力撃沈期待攻撃力 撃沈必要最低火力中破期待攻撃力
軽巡ツ級elite6668157134112101
重巡リ級flagship7670170146123108
空母ヲ級flagship(新型機搭載型)9680203176150128
駆逐ニ級後期型403384736253
 
火力と補正後攻撃力

 ボスS勝利を考えると潜水艦以外の艦を3隻いれられる中央ルートを行くことになります。道中の被害を抑えつつボスS勝利を目指すと自ずと潜水艦3隻と軽巡雷巡空母という編成になると思います。
 この海域で必要な索敵はそう高くはありませんが、彩雲1スロットもしくは32号電探・水偵・水爆等を2スロットは必要になります。
 実はこの高くはない索敵必要値が結構問題になります。

1 潜水艦の夜戦カットインの為に潜水艦に魚雷以外の装備を積むのは避けたい
2 潜水艦のカットイン率を上げるために軽巡に探照灯を積みたい
3 軽巡に弾着修正射撃をさせたい
4 1戦目の中部海域敵遊撃部隊を損害を抑えて切り抜ける為に空母には烈風1スロットと、射程を伸ばす熟練艦載機整備員を積みたい
5 空母には単縦陣反航戦でもツ級eliteを撃沈を期待できる実火力167以上、できれば180は確保したい
6 開幕航空攻撃でなるべく敵を減らすために艦攻を複数積みたい

 このうち空母は彩雲を積みつつ4と6は両立が不可能で、4と5を両立できるのは飛龍改二・蒼龍改二・大鳳のみです。
 装備スロットが3つの軽巡は2と3と夜戦の連撃装備の両立が不可能です。4スロットの大淀なら可能ですが大淀の場合、雷装が低いので雷撃で敵を沈めることができません。戦艦がいないので砲撃戦が1巡で終わり砲撃の機会が少ないことと、潜水艦と軽巡で2回当てれば敵重巡と軽巡を沈めることができることを考えると大淀起用はオススメできません。
 またボスで軽巡に弾着修正射撃をさせるには最低でも烈風3スロットは必要になりますが、烈風3スロット積むと空母は反航戦でツ級を撃沈できる火力を確保できないうえに、空母を攻撃に参加させると彩雲を積めなくなり軽巡に大淀を採用するか潜水艦に水偵を積まないと索敵も不足します。
 妥協点を探すとあまり重要度の高くない熟練艦載機整備員と、空母の火力と引き換えになるうえ道中に発生率の高くない軽巡の弾着修正射撃あたりになるでしょう。
 正規空母ならば対空値と索敵値のついた彗星(友永隊)・天山12型(江草隊)・九七式艦攻(友永隊)と零式艦戦62型1スロットで1戦目を航空拮抗にして索敵も足りるはずなので、装備があれば試してみてもいいかもしれません。


 
 編成例
伊58 魚雷/魚雷
大鳳 天山(友永隊)/97艦攻(友永隊)/烈風/彩雲
神通改二 20.3cm連装砲(3号)×2/探照灯
雷巡 20.3cm連装砲(3号)×2/甲標的
伊19 魚雷/魚雷
伊8 魚雷/魚雷

 潜水艦は手持ちから回避の高い艦を起用しましょう。敵の対潜攻撃力が高すぎるので伊401の装甲と耐久はあまり意味がありません。
 運の高い伊58はカットイン率補正のかかる旗艦に置きます。艦首魚雷などの上位魚雷は中破していても単縦陣同航戦でニ級後期型撃沈を期待できる雷装114を目安に集中配備しましょう。
 空母は二番目において1戦目の砲戦の2巡目に最初に行動できるように配置します。また軽巡、雷巡を後ろに置くとボス戦で夜戦でツ級に大破させられることがあるので潜水艦よりも前に配置します。
 空母の装備は30機以上のスロットに彗星(友永隊)装備ならば損失機を考慮してもボス戦で開幕航空攻撃でニ級後期型を撃沈できるだけの攻撃力があるので、流星改等以外にもこちらもオススメです。
 雷巡は20.3cm連装砲(3号)2門装備ならばニ級後期型を一撃で撃沈できる確率がかなり上がります。3号砲の数が限られているなら、軽巡よりは雷巡に装備させておいたほうが良いでしょう。



◎まるゆ探しの話
 今のところ、編成例と同じ編成で50周して途中撤退18ボスS勝利15回でまるゆドロップ2隻という感じです。
 3-5、6-2など他の海域でもまるゆはドロップするようになったのであえてここで掘る必要はないかも・・・