話題の弾着修正射撃ですが、制空権確保か優勢状態をとった状態で水上機と砲2門以上装備した艦が行うことができます。

主砲2門以上装備した艦→連撃1.2倍撃×2回
主砲と副砲or徹甲弾を搭載した艦→カットイン(倍率は下記参照)

 装備の組み合わせ内訳
装備組み合わせ攻撃倍率
主砲主砲
1.2倍×2回
主砲主砲主砲1.2倍×2回
主砲主砲副砲1.1倍or1.2倍×2
主砲副砲
1.1倍
主砲副砲副砲1.1倍
主砲副砲電探1.1倍or1.2倍
主砲副砲徹甲弾1.3倍or1.1倍
主砲主砲徹甲弾1.5倍or1.2倍×2

 となるようです。両方条件を満たしている主砲/主砲/副砲と主砲/主砲/徹甲弾は連撃とカットインどちらもでることがあります。
 150超のダメージを与えることがあるので昼間の150ダメージキャップを超えているように見えますが、実際は150キャップ補正後に倍率がかかっているので今までと同じように補正後火力150以上は殆ど意味がありません。
 イベント海域では装甲150という敵が出現し、いままでの砲撃では乱数の神様がごきげんな時かクリティカル以外では装甲を抜けないので弾着修正射撃が重要になってきそうです。
 特に1.5倍撃となる主砲/主砲/徹甲弾のカットインは硬い敵相手の場合に連撃の期待値を上回ります。
着弾修正射撃

 上のグラフは命中率は考慮していないので、連撃が両方命中する確率を考えるとカットインのほうがもう少し確実性があります。
 連撃が両方当たる確率はそう高いものではありません。

・46cm砲×2と徹甲弾装備の戦艦が装甲120の戦艦レ級eliteを攻撃した場合の期待値


単縦陣+同航戦単縦陣+反航戦

火力連撃1.5倍カットイン連撃1.5倍カットイン
大和改199126109126109
長門改1591261097476
伊勢改139104963652

 今のところは46cm三連装砲が揃っていれば徹甲弾はあってもなくてもどちらでもよさそうです。そもそもこのくらいの火力になるとカットインだろうと連撃だろうと弾着修正射撃が当たって沈まない可能性のある敵は戦艦レ級とヲ級改とボスの姫鬼系の艦のみです。ただ連撃は片方のみ命中だと生き残る敵はそこそこいます。
 カットインの命中率補正を考えなくても、一発当てる確率より二発両方当てる確率のほうが低くなるのは当たり前なので連撃を過信するのは禁物です。

 ちなみに、主砲/主砲/徹甲弾カットインにクリティカルの1.5倍がのると戦艦レ級も一撃で倒せます。

 両方条件を満たしている時連撃とカットインどちらが優先されるのかはわかりませんが、殆どの場合は重巡と戦艦は主砲を2門に電探か徹甲弾という組み合わせでよさそうです。
 火力と敵装甲の詳しい話は、敵の装甲と砲雷撃戦の火力の話。装備選択の指針になるかもしれない話で解説しているのでこちらもどうぞ。

 ちなみに、偵察機では制空権はとれないので弾着修正射撃をするには空母か航戦航巡などの艦艇が必要です。


2014/4/26 大幅加筆
2014/5/3 修正