火力の低い軽巡や駆逐艦の場合、戦艦空母重巡航巡程の火力がないのでMVPを取らせたい場合4-3リランカ島空襲か1-5鎮守府近海の敵潜水艦隊を狙うことになります。

◎4-3リランカ島空襲の場合
 4-3の場合、駆逐艦重巡1隻以下かつ水母航巡を含まない艦隊ならば敵潜水艦隊と2戦することが確定するのでこれを利用して駆逐艦軽巡にMVPをとらせることができます。ただし、1戦目は戦艦タ級flagshipも出現することのある敵前衛艦隊と1/2の確率で当たり、敵潜水艦隊からの雷撃もあるのでどうしても被弾さけられません。
 編成は、上記条件を満たしかつ二巡目攻撃の為に航戦を入れた艦隊になります。

編成例
 MVPを取らせたい駆逐艦or軽巡
 重巡
 航空戦艦
 軽空母
 軽巡
 軽巡
 
 あたりになるかと思います。空母は正規空母でもいいですが、敵潜水艦隊にも水上艦も出没するのでこれを攻撃してMVPをとってしまうことがあります。敵前衛艦隊対策なので空母はいなくてもかまいません。
 ポイントは
・敵潜水艦を一撃で倒せる対潜攻撃力のある艦を3隻にすることで、旗艦に確実に二巡目にも敵潜水艦を攻撃させる
・旗艦に上位対潜装備させて艦隊で最も対潜攻撃力が高くなるようにし、それ以外の駆逐艦と軽巡は旗艦よりも敵ヨ級eliteを倒せる程度の対潜攻撃力に調整する 参考記事対潜のススメ 対潜攻撃力とフラヨとフラカ対策の話
・航空戦艦に瑞雲を1スロット載せておき潜水艦を一撃で撃沈しない程度の対潜攻撃力で潜水艦を攻撃させ水上艦を攻撃してMVPを取って行ってしまうことを防ぐ
 
 航空戦艦に主砲を積まなければそもそも瑞雲も載せる必要は無いのですが、そうすると一戦目に敵前衛艦隊にあたった時に勝利もおぼつかなくなります。
 どちらにせよ4-3の場合、一戦目撤退する羽目になるのも珍しくないので修理費と高速修復剤はかさみます。 


◎1-5鎮守府近海の場合
 1-5の場合は4-3よりも獲得経験値は下がりますが編成次第で4戦全て潜水艦のみの敵艦隊との当たるので、MVPを取らせたい艦の対潜攻撃力を艦隊で一番高くしておくだけで比較的楽にMVPをとらせることができます。ただ一戦目は敵が潜水艦一隻なので艦隊に射程中以上の艦がいると、駆逐艦ではMVPを狙ってとれません。
・編成例(ボス含め4戦する場合)
 駆逐艦or軽巡洋艦×2

 軽空母or航巡or水母×1
 航空戦艦

 ただ航空戦艦は羅針盤固定要員ではないので、ボスでS勝利してドロップを狙うのでなければ必須ではありません。
 また1-5の場合どんな艦隊でも3戦目までは潜水艦のみの敵艦隊に当たるのでボスドロップ狙いでもなければ編成は気にする必要はないでしょう。またこのことを利用して、遠征用の駆逐艦や軽巡のキラキラ付けにも使えます。