この記事は の続きです。まずは先にそちらに目を通してください。



・環境を改善する
 艦これはフラッシュで作られており、ブラウザゲームとしてはかなり重い部類に入ります。
 フラッシュの動作はブラウザによって相性があり、IEやChromeは速くOperaやFireFoxは遅いと言われています。
 またパソコンが古いとか新しいものでもCPUクロックが低かったり処理性能が低いものを積んでいるPCと、ある程度性能のいいPCでは艦これの動作速度に1.5倍くらいの差がつきます

 参考 
  君の艦隊勤務は快適か? 艦これでベンチマークをしてみよう!

 動作速度は戦果稼ぎの時間効率に直結します。同じようにプレイしていても環境次第で1.5倍ほどの差がつくことになります。本気で戦果稼ぎをしたい人で艦これの動作速度が遅い人はまずは環境を変えることも検討しましょう。
 最近のCPUはクロック数は性能指標としてあまりアテになりません。PCを買い換えるならば、店頭で実際に確かめてみたりレビューなども参考にしましょう。ただしあまり古いレビューは参考になりません。例えば以前は、AtomCPUでは艦これは満足に動かないと言われていましたが最新のBay Trail-Tではある程度性能が改善されています。


・目標を決め計画を立てる
 何事においても目標を決めるのは大事なことです。
 何位までに入りたいのかを決めたら、先月のその順位の戦果を確認しましょう。その戦果を月の日数で割ればおおよその一日に稼がなければならない戦果数が見えてくると思います。
 毎日もしくは週ごとに稼いだ戦果を記録しておき戦果目標と順位を比較して、希望順位と大きく離れいているようなら計画を練り直し入賞を目指しましょう。
 プレイ時間と消費資源あたりの獲得戦果を算出して、その月のうちに確保できそうな残プレイ時間と見比べてみるのも重要となります。
 戦果あたりの消費資源は

   艦隊の1戦当たりの消費資源×1400÷1戦あたりの獲得提督経験値期待値

 でおおよその値を求めることができます。こだわるならば道中の獲得資源とうずしおによる喪失資源も想定するとさらに正確になります。

 以降は主に戦果稼ぎに使われる海域の所感です。人によってやり方はかなり異なるので参考程度にどうぞ


・2-2バシー島沖
 資源効率◯
 時間効率△
 オススメ艦 雷巡、空母ないし水母(必須)、潜水艦、軽巡、駆逐艦、重巡
 編成例: 雷巡2水母1、捨て戦艦1捨て重巡2
       戦果1あたりの消費燃料70、消費弾薬120

 この海域は戦闘回数あたりのボスへ行く確率が全海域で最も高くなっています。捨て艦を使いつつ戦果稼ぎをする場合、ボスドロップで戦艦重巡空母などをが出やすいこともあって、ドロップ運によっては捨て艦を途切れず補充して延々と回ることができます。
 ただし取得経験値が低いのでレベル上げには効率が悪い海域です。
 捨て艦も装備でスロットを埋めれば道中の安定性が上がりますが、装備換装が高速化されたとはいえ装備の付け外しにはそれなりの時間がかかります。お供に雷巡などの開幕攻撃できる艦をつけるならば捨て艦の装備が標準のままでもボス艦隊にもさほど苦労はしないので、時間節約するならば捨て艦への装備付け替えは省いてしまっても問題ありません。
 2-2は艦隊に空母ないし水母をがいればボスへ行く確率が上がりますが、こちらをみれば分かる通りボスでエリートヲ級が二隻いる編成は、軽空母一隻では烈風を4スロット搭載しても制空権を取れないくらいの制空力があります。2-2では道中でボーキサイトが拾えますが、2-2周回艦隊に空母2隻に航空優勢が取れる程度の艦戦しか積まない場合はボーキサイトはほとんど増えないか微減します。
 戦果稼ぎをしつつボーキサイトも貯めたいという場合、水母に水上機を積まずに運用するのがオススメです。
 2-2は道中の戦闘回数が少ないので捨て艦の運用効率は良いのですが、その分帰還ペナルティで疲労がたまりやすいのが難点です。入渠や疲労取りなどを考えると、この海域で疲労回復待ちなく戦果稼ぎをするには10隻以上の予備戦力があるとよいでしょう。


・2-3東部オリョール海
 資源効率◯
 時間効率△
 オススメ艦 水母(必須)、雷巡、軽空母、正規空母、潜水艦、軽巡、重巡
 編成例: 水母1雷巡1軽空2捨て重巡2隻
       戦果1あたりの消費燃料82、消費弾薬116

 この海域は一戦あたりの提督経験値期待値は2-2より下がり敵も強くなっていますが、こちらは平均戦闘回数が2戦と少し多い分だけ戦果あたりの母港へ戻る回数が少ないので時間効率は2-2とあまりかわりません。また道中で燃料弾薬が拾えるので資源効率も2-2と同等、また敵艦隊の制空力が低いので軽空母でも烈風3スロット搭載しておけば制空権がとれます。
 経験値も2-2よりは上なので空母のレベル上げがてら戦果稼ぎをするのにも適しています。
 

・2-3東部オリョール海潜水艦隊編
 資源効率◎
 時間効率×

 潜水艦2~5隻の艦隊で燃料弾薬を拾いつつひたすら周回することで、資源消費なく戦果を稼ぐことができます。
 入手の難しい伊401・伊8あたりを旗艦において疲労をたまりにくくしておき、比較的入手の容易な伊168・伊58、そしてイベント海域でドロップする伊19などを中破ないし大破、もしくは疲労した順から入れ替えてひたすら周回します。
 潜水艦隊の場合、ボス到達率37.5%、一戦あたりの獲得提督経験値期待値は245、ボス到達までの平均戦闘回数は5.33と資源が減らないだけで時間効率は最悪です。
 潜水艦のレベル上げついでにやるにはいいかもしれません。
 

・4-2 カレー洋制圧戦
 資源効率△
 時間効率◯
 オススメ艦 雷巡、重巡、潜水艦、正規空母、軽空母、軽巡
 編成例 潜水艦5 -戦果1あたりの消費燃料62、消費弾薬89
       重巡3隻・雷巡3隻 -戦果1あたりの消費燃料138、消費弾薬264

 一戦あたりの提督経験値期待値は2-2とさほど変わりませんが、獲得経験値が高く道中の戦闘回数も多いので疲労度当たりの戦果は高くなります。レベル上げや補給艦狩りついでに周回するのに向いている海域です。
 ただこの海域のボス手前の敵空母機動部隊から制空権を取るにはおおよそ烈風5-6スロットは必要となります。制空権をとっても未帰還機20機(つまりボーキサイト消費100)はザラにでるので空母なしで行くのも手です。 
 編成例には空母も戦艦も入れない構成を書きましたが、装備とレベル次第ですが潜水艦隊以外ではボスに苦戦することになります。あまり安定しないようなら戦艦・空母を使いましょう。ただし、当然ながら戦艦空母を使えば消費資源あたりの戦果効率は悪化し、編成によっては5-2よりも資源効率が悪くなることもあります
 この海域は一戦あたりの獲得経験値期待値が2-2とあまりかわらないわりに、低コストでの戦果稼ぎのみを目的とするには前提条件が多すぎるのでオススメしません。


・5-2珊瑚諸島沖
 資源効率△
 時間効率◎
 編成例 戦艦1雷巡2正規空母2軽空母1
       戦果1あたりの消費燃料122、消費弾薬162
 羅針盤に煩わされずボスまで一直線にいける海域です。資源効率が悪いと言われがちですが、得られる戦果が大きいので途中撤退率が低く抑えられればボーキサイト以外の資源効率はそう悪いものではありません。
 途中撤退率は予め戦意高揚状態にしておくことで下げることができますが、戦意高揚させるのにも燃料弾薬が消費されるので資源効率は更に悪化します。
 またボス艦隊から制空権をとるのはかなり厳しく燃料弾薬の他にボーキサイトの消費も激しい海域です。
 
・5-4サーモン海域
 資源効率◎
 時間効率◎
  オススメ艦 雷巡、重巡、潜水艦、軽巡
 編成例 潜水艦5 戦果1あたりの消費燃料21、消費弾薬41
      航巡2雷巡2空母2 戦果1あたりの消費燃料72、消費弾薬100
 5-2より難易度が低く、潜水艦での周回も容易なので戦果稼ぎ的には最上位の海域です。



 500位くらいまでならレベル上げなどと平行して戦果稼ぎに4-2や5-2周回しても十分に入賞可能ですが、100位より上は戦果あたりの消費資源効率を切り詰めるか、もしくは資源を外部調達しないと難しくなっていきます。





3/3 追記修正