Chromeのキャッシュサイズを増やすにはChromeのショートカットをのプロパティを開いてリンク先の後ろに
「 --disk-cache-saize=○○○○」(○は適当な数字。艦これ公式推奨は1Gバイトなので1073741824)
を付け加えればいいわけですが、艦これはバージョンアップのたびにキャッシュクリアしないと不具合がでたりします。でもキャッシュクリアを行うと艦これ以外のデータまで消えてしまうので面倒だったりします。
 なので今回はWindows版のChromeの設定を用途別に使い分ける話

 実はChromeブラウザには設定キャッシュプラグインなどを用途別に使い分ける機能があります。
 まず新たにChromeの設定ファイルを置くフォルダを作ります。
 ここではCドライブ直下にsetteiというフォルダを作った、と仮定します。
 デスクトップなどにおいたChromeショートカットをコピーし適当な名前を付け、ショートカットのプロパティを開きリンク先の後ろに
「 --user-data-dir=c:\settei」
 を付け加えます。
 するとそのショートカットから起動したChromeはまっさらな状態の別のChromeとして動作します。
 公式のいう推奨キャッシュサイズ1Gバイトというのは、メインで使うブラウザでプレイすることを想定した物凄く余裕をもった数字なのでこの方法で別のChromeを用意するなら300Mバイトもあれば十分なはずです。
 設定用フォルダとショートカットをたくさん用意すればキャッシュやプラグインを別に持つChromeをいくらでも用意することができるので艦これに限らずブラウザゲームをやるにはとても便利になります。

 ちなみにChromeにはスマホ向けブラウザゲームなどもプレイできるようになるプラグインがありますが別に複窓プラグインがあるゲームでないと複窓プレイはできません。
 ですが上記の方法をすると副窓プラグインが用意されていないタイトルも複窓プレイができる場合もあったりします。