艦これのススメ


  最後のE6は連合艦隊での出撃となります。
 ボスの戦艦水鬼を8回撃沈相当でクリアとなります。ボスの戦艦水鬼は戦艦の弾着観測射撃と、夜戦での重巡と雷巡の連撃やカットイン攻撃以外では装甲を抜けません。よって第一艦隊に戦艦を最大4隻入れられる水上部隊推奨です。戦艦水鬼

E6
 第一艦隊に高速艦と低速艦が混在していると最初の羅針盤でFへ、Fから針路選択可能です。北へ向かうと夜戦の増援部隊I郡に戦艦棲姫率が、南へ向かうと泊地水鬼がいます。泊地水鬼はまともにぶつかると大破艦が続出することになるので攻略時は戦艦棲姫の北ルート推奨です。夜戦マスにはカットイン攻撃してくる敵は戦艦棲姫だけなので大破艦がでたとしても大抵は1隻で済みます。
 ちなみに他ルートには重巡リ級flagshipのいる夜戦マスや、戦艦棲姫のいるマスがあり矢印ルートより難しくなっています。低速艦と高速艦を混在させる必要がありますが、レベルの高い戦艦が高速艦しかいないという鎮守府もどうにかして低速艦を捻出しましょう。
 泊地水鬼もしくは戦艦棲姫の場合を抜けるとその先に空母棲姫率いるステビア海方面機動艦隊がいます。ここでも大破艦がでることがよくあります。ここは烈風6スロット相当で航空優勢をとることができます。
 道中とにもかくにも大破艦がよく発生します。前回イベントと違ってボス戦艦水鬼を撃沈するのにそこまで第二艦隊の戦力は必要ありません。なので、大破艦が複数でても艦隊司令部で撤退させられるように第二艦隊の駆逐艦を多めにするのもありでしょう。
 逆に艦隊司令部がないと厳しい戦いとなります。

 ボスは前回のイベントから引き続き戦艦水鬼が務めていますが随伴艦は殆ど昼間のうちに撃沈可能なので、夜戦カットインに期待するまでもなく雷巡や重巡の連撃で大体撃沈できるはずです。最終形態では空母棲姫が一隻追加されますが航空優勢をとれれば苦戦することはないでしょう。
 ボス最終形態は烈風の場合は3~4スロット相当で航空優勢を取ることができます。

 水上部隊でステビア海方面機動部隊から航空優勢を取るには飛鷹型や千歳型の軽空母2隻に烈風満載する必要がありますが、軽空母自体が大破要因になります。加賀に烈風改などの上位艦戦を3スロット搭載するか、加賀に烈風4スロット搭載すれば航空拮抗にはできるので水上部隊で挑む場合は拮抗で妥協するのも選択肢の一つです。また烈風改など上位艦戦を搭載した加賀と扶桑改二山城改二に瑞雲12型が4スロット程あればステビア海方面機動部隊から航空優勢をとることができます。
 扶桑型改二と瑞雲12型があれば、軽空母2隻編成の場合でも軽空母に1~2スロットくらいは攻撃機を積んで航空優勢をとるだけの余裕を捻出できます。
 
 なお今回は大和型戦艦があると楽にはなりますが、無くてもそこまで苦労することはありません。


  •  編成例 
・軽空母を使う例
第一艦隊 (低速艦と高速艦を混在させること)
軽空母 烈風/烈風/烈風/艦隊司令部施設
戦艦 主砲/主砲/徹甲弾/水偵
戦艦 主砲/主砲/徹甲弾/水偵
戦艦 主砲/主砲/徹甲弾/水偵
戦艦 主砲/主砲/徹甲弾/水偵
軽空母 烈風/烈風/烈風/烈風

第二艦隊
軽巡 主砲×2/夜偵
駆逐艦 主砲/主砲/照明弾
駆逐艦 主砲/主砲/照明弾
重巡 主砲/主砲/夜偵/電探
雷巡 主砲/主砲/甲標的
雷巡 主砲/主砲/甲標的

・加賀と航空戦艦を使う例
第一艦隊 (低速艦と高速艦を混在させること)
重巡 主砲/主砲/水偵/艦隊司令部施設
戦艦 主砲/主砲/徹甲弾/水偵
戦艦 主砲/主砲/徹甲弾/水偵
扶桑改二 主砲/主砲/徹甲弾/瑞雲12型
山城改二 主砲/主砲/徹甲弾/瑞雲12型
加賀改 烈風/烈風/烈風/彩雲

第二艦隊
軽巡 主砲/主砲/夜偵
駆逐艦 主砲/主砲/照明弾
駆逐艦 主砲/主砲/照明弾
重巡 主砲/主砲/夜偵/電探
雷巡 主砲/主砲/甲標的
雷巡 主砲/主砲/甲標的
 秋津島
 報酬は秋津洲






・攻略時の艦隊
 第一艦隊
千歳改二 烈風(601空)/烈風/烈風/艦隊司令部施設
長門改 41cm連装砲☆5×2/一式徹甲弾☆4/零観
陸奥改 41cm連装砲☆5×2/一式徹甲弾☆4/零観
ビスマルクdri 46cm連装砲☆5×2/九一式徹甲弾☆4/零観
霧島改二 46cm連装砲☆5×2/九一式徹甲弾☆4/零観
隼鷹改二 烈風(601空)/烈風改/烈風/彩雲

第二艦隊
神通改二 20.3cm(3号)連装砲☆4×2/夜偵
夕雲改 12.7cm連装砲B型☆4×2/探照灯
夕立改二 12.7cm連装砲B型☆4×2/照明弾
島風改 10cm連装高角砲+高射装置☆4/12.7cm連装砲B型☆4/照明弾
北上改二 20.3cm(3号)連装砲☆4×2/甲標的
大井改二 20.3cm(3号)連装砲☆4×2/甲標的

出撃回数10ボス到達10ボス撃破8
消費資源油8000鉄7000鉄7000ボーキ700バケツ35


 

 この海域は通常艦隊で出撃します。
E5
 
  この海域はボス泊地水鬼を7回相当撃沈すればクリアとなります。泊地水鬼は陸上施設なので三式弾が有効です。三式弾がないとまず撃破は不可能です。
 羅針盤は最上・三隈ないし鈴谷・熊野ないし鳥海・龍驤を含む 艦隊かならずGの資源マスを通るルートを、そうでない艦隊はランダムとなります。 固定するならできれば三式弾を装備できる最上型を使いたいところです。
 最上型や鳥海龍驤の固定ルートを使うと道中は楽になりますが、ボスを撃沈する火力が不足気味になるのでそこまで拘る必要はないでしょう。
 途中、針路選択可能なマスがあります。ここは南へ向かうと夜戦、西へ向かうと渦潮を通ってもう一戦することになります。最初の羅針盤次第でも渦潮を通ることがありますが、この海域を三式弾を積んで弾着修正射撃をして夜戦で連撃を叩き込めないとまずボスを撃破できません。つまり渦潮を最大限軽減するために電探を3つも積む余裕はありません。渦潮は両方燃料を落としますが1回踏んだらボスに着く頃にはそれなりに回避が下がっており、2回踏んだら致命的です。
 つまり進路選択では夜戦マスの南へ向かう必要があります。ですが、このマスの敵は軽巡と駆逐艦それと輸送艦しかいないので、艦隊に潜水艦を入れておくだけで潜水艦以外は被害を受けることはなくなります。ただそれでも潜水艦はよく大破するので応急修理要員があると楽になるでしょう。ボス艦隊の対潜攻撃力はとても低い上に最終形態以外は単縦陣なので大破進軍しても潜水艦はまず沈むことはありません。
 また、ボス泊地水鬼は航空戦艦扱いなので潜水艦を攻撃します。潜水艦がいないと高火力・高命中率の泊地水鬼の攻撃をまともに受けることになります。
 
 ボスのアンズ環礁秘匿泊地は烈風2スロットあれば航空優勢を取れます。また加賀の46機スロットに烈風改と他スロットに友永隊などの対空値付き攻撃機などを載せ、航空巡洋艦の瑞雲などで若干上乗せすれば航空優勢をとることができます。

 道中の安定を考えると艦隊編成は戦艦2隻と、羅針盤固定のための最上型2隻、それに夜戦マス対策の潜水艦1隻、制空権確保役の空母1隻となります。
 ただし、この編成ではボスを撃破するには火力が足りないことがあります。上にも書いた通り羅針盤固定には拘る必要はありません。ボスを倒しきれない場合は最上型を戦艦に替えたり、支援艦隊をだしましょう。
泊地水鬼

  • 編成例
・羅針盤固定する場合
熊野 主砲/瑞雲/電探/主砲
戦艦 主砲/主砲/三式弾/水偵
戦艦 主砲/主砲/三式弾/夜偵
鈴谷 主砲/瑞雲/三式弾/主砲
正規空母 烈風/烈風/流星改/電探
潜母 応急修理要員/夜偵

・羅針盤固定しない場合
戦艦 主砲/主砲/電探/水偵
戦艦 主砲/主砲/三式弾/水偵
戦艦 主砲/主砲/三式弾/水偵
戦艦 主砲/主砲/三式弾/夜偵
正規空母 烈風/烈風/流星改/電探
潜母 応急修理要員/夜偵

 渦潮対策に重巡戦艦のうち一隻と、空母に電探を積むのがオススメです。
 電探無し場合、うずしおを通るとボスにつく頃には燃料残量は0%になり敵の攻撃をまず避けられません。最低限1個は積みましょう。





  • 攻略時の編成
最上改 20.3cm(3号)連装砲☆4/瑞雲12型/32号電探/20.3cm(3号)連装砲☆4
長門改 41cm連装砲☆5×2/三式弾/零観
陸奥改 41cm連装砲☆5×2/三式弾/夜偵
三隈改 20.3cm(3号)連装砲☆4/瑞雲12型/三式弾/20.3cm(3号)連装砲☆4
加賀改 97艦攻(友永隊)/天山(友永隊)/烈風改/32号電探
伊401 応急修理要員/夜偵

 決戦支援艦隊(最終形態のみ)
夕雲改 10cm連装高角砲×2/33号電探
巻雲改 10cm連装高角砲×2/33号電探
蒼龍改二 99艦爆(友永隊)/彗星(友永隊)/32号電探×2
飛龍改二 彗星甲×2/32号電探×2
扶桑改二 41cm三連装砲×3/32号電探
山城改二 41cm三連装砲×3/32号電探

出撃回数10ボス到達10ボス撃破5
消費資源 油5000弾5400鉄4000ボーキ700バケツ20


 

 
 この海域は連合艦隊で出撃することになります。ボスの泊地水鬼を7回相当撃沈すればクリアとなります。
E4
 
 この海域は水上部隊でボスから航空優勢をとるのはかなり厳しいので、機動部隊で出撃することになると思います。正規空母に烈風5~7スロット程で航空優勢を取ることができます。
 一応、水上部隊でも飛鷹型や千歳型の搭載機数の多い軽空母2隻に烈風満載し、さらに瑞雲を載せた航空戦艦などをつければ航空優勢をとれないこともありません。
 機動部隊の場合は上図の矢印のルートを、水上部隊の場合は最初に北へ向かい道中の戦闘回数が一回増えます。途中、針路選択可能ですが北方向の東洋艦隊B部隊はそれほど強くないので遠回りする必要は無いでしょう。
 ボスの港湾水鬼は陸上施設なので三式弾とWG42が有効です。
 とくに難しい海域でもないのでここまで三式弾さえ揃っていれば、ここまできた提督ならば問題なくクリアできるでしょう。
 もし三式弾の数が限られているならば第二艦隊にもたせておいたほうがよいでしょう。



・編成例
機動部隊の場合

第一艦隊
正規空母 烈風/烈風/流星改/艦隊司令部施設
戦艦 主砲/主砲/三式弾/水偵
戦艦 主砲/主砲/三式弾/水偵
重巡 主砲/主砲/三式弾/水偵
正規空母 烈風/烈風/流星改/彩雲
正規空母 烈風/烈風/流星改/流星改
第二艦隊
雷巡 主砲×2/甲標的
駆逐艦 主砲/主砲/照明弾
駆逐艦 主砲/主砲/照明弾
軽巡 主砲×2/WG42
重巡 主砲/主砲/三式弾/夜偵
重巡 主砲/主砲/三式弾/夜偵




水上部隊の場合

第一艦隊
軽空母 烈風/烈風/烈風/艦隊司令部施設
戦艦 主砲/主砲/三式弾/水偵
戦艦 主砲/主砲/三式弾/水偵
扶桑改二 主砲/主砲/三式弾/瑞雲12型
山城改二 主砲/主砲/三式弾/瑞雲12型
軽空母 烈風/烈風/烈風/烈風
第二艦隊
雷巡 主砲×2/甲標的
駆逐艦 主砲/主砲/照明弾
駆逐艦 主砲/主砲/照明弾
軽巡 主砲×2/WG42
重巡 主砲/主砲/三式弾/夜偵
重巡 主砲/主砲/三式弾/夜偵

littorio
報酬は戦艦リットリオ





・攻略時の艦隊
第一艦隊
天城改 烈風/烈風/烈風/艦隊司令部施設
比叡改二 46cm三連装砲×2/三式弾/零観
金剛改二 46cm三連装砲×2/三式弾/零観
蒼龍改二 烈風/烈風/流星改/熟練整備員
飛龍改二 烈風/烈風/流星改/彩雲
衣笠改二 20.3cm(3号)連装砲☆4×2/三式弾/零観
第二艦隊
北上改二 3号20.3cm連装砲×2/甲標的
夕雲改 10cm連装高角砲×2/照明弾
巻雲改 10cm連装高角砲×2/照明弾
能代改 20.3cm連装砲×2/WG42
羽黒改二 20.3cm連装砲×2/三式弾/夜偵
足柄改二 20.3cm連装砲×2/三式弾/夜偵

出撃回数7回ボス到達7回
消費資源 油4500弾4000鉄3300ボーキ2000バケツ35





 

E3

 この海域はボス艦隊旗艦を7回相当撃沈すればクリアとなります。
 当海域は低速戦艦と正規空母無しで出撃することになります。この海域に出撃した艦はE4とE5に出すことができません。今後の戦力に不安のある提督は、高速戦艦を温存して重巡と軽空母主体で攻略してもいいかもしれません。 
 ただし、戦艦抜きではボスはともかく道中にいることがある軽巡棲姫の艦隊に苦戦することになるでしょう。戦艦を使わない場合、支援艦隊を使うことをオススメします。
  高速艦のみで編成した艦隊は図の北まわり黄色矢印ルートを、低速艦が含まれるとなんか別のルートへいくようです(未確認)
 道中は軽空母ヌ級1隻しか出現しないので烈風1スロットで航空優勢2スロットで制空権確保できます。ボス艦隊には航空戦力は無いので航巡などでも制空権確保可能です。場合よっては空母無しの艦隊で出撃しベーグル湾警備部隊から制空権をとるのは諦めてしまってもいいかもしれません。
 さほど難しい海域でもないので高速戦艦投入すればサクサククリアできるはずです。


・編成例
軽空母 烈風/流星改/流星改/彩雲
高速戦艦 主砲/主砲/電探/水偵
高速戦艦 主砲/主砲/電探/水偵
重巡 主砲/主砲/電探/水偵
重巡 主砲/主砲/電探/水偵
軽巡 主砲/主砲/ソナー

 ソナーを積んだ軽巡を入れるのは潜水艦対策です。この枠は重巡や航巡、雷巡にしても問題もありません。
 
 



・攻略時の艦隊
瑞鳳改 烈風/流星改/流星改/彩雲
霧島改二 46cm三連装砲×2/32号電探/零観
榛名改二 46cm三連装砲×2/32号電探/零観
衣笠改二 3号20.3cm連装砲×2/32号電探/零観
古鷹改二 3号20.3cm連装砲×2/32号電探/零観
鬼怒改 3号20.3cm連装砲×2/三式水中探信儀

出撃回数8撤退1
消費資源油3300弾2300鉄2400ボーキ300バケツ20



このページのトップヘ