艦これのススメ

攻略中にもあきつ丸はドロップしていたのですがもう少し大発が欲しかったのでE4を回ってみました。
 大型建造の期待値より遥かに安いコストであきつ丸を入手できる海域なので大発が欲しい提督はぜひ回ってみましょう。S勝利さえすればそれなりに高い確率であきつ丸がドロップするようです。


e-4
 E4は度々潜水艦隊のマスから任務部隊Y群へ逸れて悩まされた、という話をちょくちょく聞いてはいますが自分の場合攻略中もあきつ丸探し中にも逸れたことはありませんでした。逸れた報告の上がっている編成と、それなかったという報告を比べてをみると、どうも艦隊の大型艦の数次第で羅針盤がランダム化しているような感じがします。
 


◎周回艦隊
・第一艦隊 平均レベル80前後
あきつ丸 烈風×3
最上  20.3cm(3号)連装砲×2/15.5cm三連装副砲/零式水上観測機
三隈  20.3cm(3号)連装砲×2/32号電探/零式水上観測機
瑞鳳  烈風/烈風/彗星(江草隊)/彩雲
赤城改 烈風/烈風/天山(友永隊)/彩雲
瑞鶴改 烈風(601空)/烈風改/彗星甲/彩雲

・第二艦隊  平均レベル90前後
阿賀野改 零式水上観測機/三式水中探信儀/三式爆雷投射機
大井改二 三式水中探信儀/三式爆雷投射機/甲標的
島風改 10cm連装砲×2/三式水中探信儀
夕立改二 10cm連装砲×2/三式水中探信儀
利根改二 20.3cm(3号)連装砲×2/晴嵐/三式弾
筑摩改二 20.3cm(3号)連装砲×2/晴嵐/三式弾


 消費の重い艦と、1スロットの大きい空母はなるべく省いた省力艦隊です。この編成で一周燃料弾薬500、ボーキサイトは300-400程。
 三式弾搭載艦の少ない艦隊で中間棲姫を仕留めるには夜戦前に随伴艦を全て撃沈しておかないとS勝利は安定しません。空母は艦爆装備にして艦攻を装備しない艦なら中間棲姫を攻撃しないので、艦爆装備艦が複数いれば昼間のうちに随伴艦を確実に減らしてくれます。
 第一艦隊の航巡は夜戦はしないので弾着修正射撃カットイン仕様にしています。

周回数14回撤退3回ボス艦隊S勝利率100%
主なドロップ 天津風、あきつ丸2

 E5北太平洋MI諸島沖のボスで明石がドロップするということなので探してみました。
 明石の他にも、大鯨・天津風・谷風・三隈・清霜などもドロップするのでイベントがひと通り終わった人は周回してみるのもいいんじゃないでしょうか。

 当イベントではゲージ破壊後のボス編成は最終形態に固定されるので、敵艦隊の制空とボーキサイトの残量には気を付けたいところです。 道中損失を見越して制空430-440くらいは確保しておけばボスで航空優勢をとれます。
 E5にかぎらずドロップ狙いで周回する場合、艦隊司令部施設で護衛退去してしまうと以降の戦闘ではB勝利以上できなくなります。


◎E5周回艦隊
・第一艦隊 平均レベル120前後
長門改 46cm砲×2/零式水上観測機/32号電探
金剛改二 46cm砲×2/零式水上観測機/32号電探
加賀改  烈風/流星改/烈風改/彩雲
赤城改 烈風/流星改/天山(友永隊)/彩雲
瑞鶴改 烈風(601空)/烈風/流星改/彩雲
翔鶴改 烈風/烈風/烈風/彩雲

・第二艦隊  平均レベル110前後
伊58改 53cm艦首魚雷×2
阿賀野改 20.3cm(3号)連装砲×2/九八式水上偵察機
島風改 10cm連装砲×2/照明弾
夕立改二 10cm連装砲×2/照明弾
利根改二 20.3cm(3号)連装砲×2/晴嵐/32号電探
筑摩改二 20.3cm(3号)連装砲×2/晴嵐/32号電探

 潜水艦は夜戦時の軽巡駆逐避け、軽巡が阿賀野型なのは搭載機数が2機で他の軽巡よりも搭載機全損失になりにくいため。
 節約するなら戦艦を重巡にしてもいいかもしれない。

周回数32回撤退5回 ボス艦隊S勝利率100%
主なボスドロップ 明石、三隈、天津風2、谷風


 イベントの最後は再び戦艦棲姫を相手にすることになります。
 10回撃沈相当でゲージ破壊できますが、司令部レベルによってはゲージを削り切る前の最終形態では戦艦棲姫が2体に増えるので2体の姫への対策が重要になります。
戦艦棲姫

 ここで戦艦棲姫のおさらいをしておくと、戦艦棲姫は耐久400装甲160と非常に固くタフです。単縦陣同航戦でも火力150以上の艦が弾着修正射撃しないと装甲を抜けず、反航戦となるとまともにダメージを与えられるのは徹甲弾カットインか大和型戦艦の連撃くらいしかありません。→弾着修正射撃と装備の話
 夜戦でもまともに削れるのはカットイン攻撃か、雷撃か重巡か大和型戦艦の連撃のみです。他の戦艦は重巡よりも夜戦火力が低いので夜戦では随伴艦を沈めるくらいしかできません。
 よって戦艦棲姫を削り撃沈するには大和型戦艦を使うか、雷巡重巡の夜戦に期待することになります。
 ただ、たとえ雷巡のカットイン攻撃でもクリティカルがでないかぎり無傷の戦艦棲姫を一発で仕留めることはできません。


e-6

・羅針盤について
 潜水艦2隻以上でハズレルートへいきます。
 それ以外は重巡or航巡2隻の艦隊は潜水艦隊方面へ、それ以降はランダムになるようです。
 軽空母2隻いる艦隊は空母棲姫のいるマスまで確定です。
 潜水艦2隻以上含む艦隊でなければどのルートでも索敵さえ足りていればハズレルートに行くことはありません。

 
・艦隊編成について
 初戦の敵艦隊の制空は46、空母棲姫の艦隊の制空190、ボス艦隊の制空は84となっています。
 夜戦マスを避けられる軽空母2隻を入れた艦隊で攻略することが多いようです。 その場合、大和型戦艦2他戦艦1雷巡1軽空母2という艦隊が一般的です。この場合、「零式水上観測機4つ彩雲3つ」もしくは「32号電探3つ零式水上観測機3つ彩雲2つ、天山(友永隊)」などの装備で大体ハズレルートへ行くことはなくなります。
 軽空母2隻に彩雲を載せた上で空母棲姫の敵艦隊から航空優勢、ボス艦隊から制空権確保を取るのは道中の損失機を考えると震電改か烈風改・烈風(601空)に烈風を合計6スロットないとかなりギリギリなので、烈風3-4スロット搭載で残りの枠にダメコンか攻撃機を装備し空母棲息姫では制空権確保を諦めボスで航空優勢だけとれるようにしてしまうのが無難です。

 攻略艦隊のキラキラ、道中支援艦隊、決戦支援艦隊をしっかりやっていればゲージを削るまではすんなりと行きますが最後に戦艦棲姫が2体に増えた後になかなか最後の敵旗艦旗艦撃沈ができずに足踏みすることが多いようです。
 夜戦で雷巡の攻撃のラッキーヒットに期待するにせよ、事前にある程度削っておけなければ沈められないので索敵の足りる範囲で戦艦に徹甲弾を装備させて弾着修正射撃するのがオススメです。
 雷巡をAL/MI作戦で使いきっているなら重巡か戦艦に零式水上観測機を複数のせて索敵を確保し、徹甲弾を載せた戦艦を増やすのもいいかもしれません。
 徹甲弾による弾着修正射撃を活用する場合、雲龍のレベルを上げて改にして関連クエストをクリアすると烈風(601空)が手に入るのでこちらと烈風改と烈風4機があれば千歳千代田隼鷹飛鷹あたりなら軽空母2隻でも道中の損失を考慮してもボスで制空権確保できるくらいの制空力になります。制空権確保すると航空優勢よりは弾着修正射撃発生率が上がるようなので雲龍レベル上げの回り道をするのもいいかもしれません。


 他の編成をとるなら制空権確保役の空母1-2隻と重巡2隻、夜戦火力の高い雷巡、それに大和型戦艦で艦隊を組むことになると思います。
 戦艦棲姫は水上機を搭載していないので制空権をとられても弾着修正射撃はしてこないのと(随伴艦の戦艦はしてきますが)、戦艦棲姫初出だった前年の11月のイベントサーモン海域よりは夜戦マスの編成が楽なほうなのでいっそのこと空母1隻か空母無しで夜戦時の手数を増やすのも有効でしょう。最終形態では弾着修正射撃をしてくるのはル級flagship一隻になるのでむしろ空母なしでも安全になります。


◎攻略時の艦隊
攻略艦隊は全員戦意高揚状態、平均レベル120程

-序盤 出撃回数12回 ボス到達回数10回(うち大破進撃3回応急修理要員消費0) 撤退2回 ボス撃破7回
北上改二 15.5cm三連装副砲×2/甲標的
長門改 46cm三連装砲×2/32号電探/零式水上観測機
大和改 46cm三連装砲×2/32号電探/零式水上観測機
武蔵改 46cm三連装砲×2/32号電探/零式水上観測機
千歳改二 烈風改/天山(友永隊)/彩雲/応急修理要員
千代田改二  烈風/烈風/彩雲/応急修理要員

-最終形態時 出撃回数3回 ボス到達3回(うち大破進撃0回) 撤退0回 ボス撃破1回
大和改 46cm三連装砲×2/徹甲弾/零式水上観測機
長門改 46cm三連装砲×2/零式水上観測機×2
武蔵改 46cm三連装砲×2/徹甲弾/零式水上観測機
北上改二 15.5cm三連装副砲×2/甲標的
千歳改二 烈風改/彩雲/彩雲/応急修理要員
千代田改二  烈風/烈風/彩雲/応急修理要員

陣形 初戦単縦→2戦目単横→3戦目単縦→ボス単縦

・道中支援艦隊・決戦支援艦隊
駆逐2 10cm連装広角砲×2/33号電探
正規空母2 彗星甲×3/32号電探
戦艦2 46cm三連装砲×2/32号電探×2

消費資源 油24000弾21000鉄17000ボーキ1400バケツ62
 

終了
目指せ完全勝利!
 

 MI作戦のラストのボスは耐久350装甲150の空母棲姫です。
空母棲息姫2
 

・羅針盤
 この海域は索敵に応じてハズレルートへ行くことがある以外は、ランダムのようです。
 この海域は初戦はどちらの分岐も潜水艦隊、また最初の分岐で西へいくと最大2回夜戦マスを通ります。

e5

 
・艦隊編成
 当海域ボスの制空は最初は152、最終形態は司令部レベルにもよりますがおそらく274あります。最初のうちは烈風6スロット相当で航空優勢に12スロット相当で確保できますが、最終形態は烈風11-12スロット相当で航空優勢にするのが精一杯になります。最終形態は空母2隻以下の編成では航空優勢もまず不可能なので、弾着修正射撃は諦めることになるでしょう。
 
 空母棲姫の装甲は150あり戦艦の着弾修正射撃の発動率次第では砲雷撃戦のうち殆ど削れずに夜戦へ移行することになります。
 夜戦では駆逐艦の連撃で沈めるのはまず不可能なので、カットイン装備にするか軽巡重巡航巡雷巡あたりに引導を渡してもらわなければなりません。第二艦隊のメンバーは夜戦火力で選びましょう。軽巡では川内型姉妹の改二は高い夜戦火力を持ちます。

 初戦の潜水艦で被害が多いなら駆逐艦と軽巡に対潜装備をさせてなるべく2回目の雷撃による被害を減らすようにします。
 また夜戦で被害が多いなら連合艦隊旗艦に艦隊司令部施設を装備させ、第二艦隊の駆逐艦の数を増やして複数の大破艦がでた場合に備えるのがオススメです。第二艦隊の旗艦は大破進撃しても沈むことはないようなので潜水艦を旗艦にして敵駆逐艦の被害担当にしてもいいかもしれません。
 道中被害を受け護衛待避で第二艦隊の面子が減っていると、夜戦でも空母棲姫を落とせないことが増えるので資源に余裕があれば決戦支援艦隊を使用しましょう。

 
◎攻略時の編成
・第一艦隊 平均レベル95前後
ビスマルクzwei 46cm砲×2/零式水上観測機/艦隊司令部施設
金剛改二 46cm砲×2/零式水上観測機/32号電探
衣笠改二   20.3cm連装砲×2/零式水上観測機×2
赤城改 烈風/流星改/烈風/彩雲
瑞鶴改 烈風/烈風/流星改/彩雲
翔鶴改 烈風/烈風/流星改/熟練艦載機整備員

・第二艦隊  平均レベル70前後
阿賀野型改 20.3cm連装砲×2/零式水上観測機
陽炎型改 10cm連装砲×2/三式水中探信儀
陽炎型改 10cm連装砲×2/三式水中探信儀
陽炎型改 10cm連装砲×2/三式水中探信儀
最上型改 20.3cm連装砲×2/瑞雲/瑞雲
最上型改 20.3cm連装砲×2/瑞雲/瑞雲

・決戦支援艦隊
駆逐2(10cm連装広角砲×3)
正規空母2(彗星甲×3/32号電探)
戦艦2(35.6cm連装砲×3/32号電探) 

出撃回数12回 撤退2回 ボス到達10回うちボス撃沈10回 護衛待避5回
消費資源 油9000弾7200鉄5000ボーキ1400バケツ47 



雲龍
報酬は雲龍
 



◎各作戦の艦隊振り分け
 各作戦の攻略の仕方については諸説あるでしょうが最低限必要な艦艇はだいたいこんな感じになると思われます。


駆逐艦軽巡重巡・航巡雷巡戦艦正規空母軽空母
AL作戦20-12-30-11-2
2
MI作戦2-412-40-123-40-1
本土近海邀撃戦

0-21-32-40-20-2
前衛支援艦隊2


20-20-2
決戦支援艦隊2


20-20-2
合計8-101-24-91-49-133-103-9
 

このページのトップヘ